背骨の冷え

東京は酷暑が続いています。

クーラー嫌いな私共もさすがに高め設定でクーラーを使います。

この時期になると、定期的に来て下さるお客様の中で

背骨が冷たく熱が深部まで入っていかなかったり、とても時間がかかる方がいます。

いつもとあまりにも様子が違うので「体調いかがですか?」とお聞きする中で

「クーラーをつけっぱなしで寝ていて朝方寒い事がある」とか「おなかの調子が悪い」等

様々な不調を訴えられます。

いつも感じますが、やはり身体の中心にある背骨が冷たくなると

全身をめぐる血液も冷たくなり、内臓も冷たくなり、隅々の毛細血管まで血が行き渡らなくなる事を

改めて実感します。(専門的には脳脊髄液も)

ご自身でも 首の後ろの出っ張った骨やおなかをたまに触ってみて

冷えすぎてないかチェックして見ると良いと思います。

冷たかったら夏でもシャワーだけじゃなくお風呂に入ったり、温かい物を飲んだり食べたり

寝る時のクーラーの温度を少し上げたりと工夫しておくと

夏の終盤や秋口の体調不良の予防に、そしてその延長上に在る病気の予防につながると思います。

深部まで冷えてしまい時間をかけないで温めたい時はぜひ琉球温熱へ!

琉球温熱の温熱器は43センチ深部まで熱が入ります!

 

琉球温熱YEBISUFacebookページ 琉球温熱YEBISUレッツビューティー 琉球温熱療法院